1. HOME
  2. ブログ
  3. 横山大観

横山大観

横山大観(ヨコヤマタイカン)

岡倉天心を師と仰ぎ、明治・大正・昭和の90年を生きた大観は「一切の藝術は無窮を趁ふの姿に他ならず-芸術は感情を主とす-世界最高の情趣を顕現するにあり」を座右の銘としました。
 明治維新で水戸藩士の身分を失った父とともに上京、東京府中学校(現日比谷高校)を優秀な成績で卒業後、明治18年、東京大学予備門とその付属英語専修科の両方を受験しました。
それを問題視する声があがり、掛け持ち受験した全員と共に不合格となってしまいます。そこで私立の東京英語学校に入学します。ここで学んだ語学力は後年の画家・大観を大いに助けることとなるのです。
進む道を変更し、明治21年、東京美術学校(現東京芸術大学)を受験し、一期生となります。

卒業後は東京美術学校助教授となるも、校長岡倉天心とともに辞職し、日本美術院創立に参画します。
明治36年にインドに外遊、翌年渡米し、その語学力も生かし各地で作品を展覧しますが、これが大盛況となります。米国から欧州に渡り、各地を巡って帰国します。そして明治42年より上野池之端に居を構えることとなります。
ここで精力的に作画に取り組みました。
昭和5年、ローマでの日本美術展では使節として赴くなど、日本の美術界を牽引し活躍しました。昭和12年には第一回文化勲章を受章しました。