株式会社 大塚巧藝新社
やまもと ばいいつ
天明3年(1783)〜安政3年(1856)
名古屋育ち。江戸後期の画家で、南画を研究し花鳥山水画を得意とした。頼山陽・貫名海屋・梁川星巌らと親交し、詩歌・煎茶・鑑識にも長じた。晩年尾張に戻り藩の御用絵師となる。
 
 
■額・軸        
No.532 山本梅逸
「松間流水」
紙本
画面寸法125×50cm
価格130,000
 
 
No.533 山本梅逸
「香花岩蜂」
絹本
画面寸法89×33cm
価格130,000
 
   
         
         

 

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.