株式会社 大塚巧藝新社
やまもと しゅんきょ
明治4年(1871)〜昭和8年(1933)
滋賀県生まれ。はじめ野村文挙に入門し四条派を学ぶ。上京し森寛斎から円山派を学ぶ。伝統的な風景画を得意とした。明治40年文展開設後の第1回から審査員をつとめ、竹内栖鳳とともに明治後期の京都画壇を代表する作家として活躍、後進の指導に励む。
 
 
■額・軸        
No.207 山元春挙
「冬の山」
紙本
画面寸法39×51cm
価格60,000
60,000
       
         
         

 

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.