株式会社 大塚巧藝新社
とみた けいせん
明治12年(1879)〜昭和11年(1936)
福岡生まれ。京都に出て、都路華香に入門し四条派を学び、仙国T師に傾倒。仏画、中国画などを研究するも次第に南画から離れ、横山大観に認められ日本美術院再興から出品、活動の中心とする。南画的筆致と琳派の装飾性を融合した作品を発表。
 

 

■額・軸        
No.183 冨田溪仙
「春寒三雅」
絹本
画面寸法33×40cm
価格90,000
90,000
 
No.184 冨田溪仙
「るり鳥」
絹本
画面寸法43×53cm
価格120,000
120,000
 
No.181 冨田溪仙
「鷹ヶ峰」
絹本
画面寸法41×50cm
価格120,000
120,000
         
         
 

 

 

 

No.179 冨田溪仙
「嵐峡雨罷」
絹本
画面寸法112×26cm
価格130,000
 
 
No.180 冨田溪仙
「日の出に鶴」
絹本
画面寸法118×25cm
価格90,000
 
   
         
         

 

 

 

 

■色紙
No.111 色紙 B 冨田溪仙
「日の出に鶴」
価格1,900
 
No.112 色紙 A 冨田溪仙
「椿」
価格2,000
 
   

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.