株式会社 大塚巧藝新社
たわらや そうたつ
生没年不詳
京都の人。江戸時代初期の画家。京都の豊宗寺に住して永徳画法・古土佐骨法を会得し光琳派の先駆となる。特異な構図と技法により近世装飾画の新様式を確立、尾形光琳の先駆となり、烏丸光広、本阿弥光悦らと交際があった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■額・軸        
No.536 俵屋宗達
「蓮池水禽図」
紙本
画面寸法106×51cm
価格130,000
 
 
No.574 俵屋宗達
「風神雷神」
金紙(双幅)
画面寸法各51×58cm
価格460,000
460,000
         
     

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.