株式会社 大塚巧藝新社
しょうかどう しょうじょう
天正12年(1584)〜寛永16年(1639)
堺の出身。江戸時代初期の真言宗の僧侶、文化人。書道、絵画、茶道に堪能で、特に書道は独自の松花堂流(滝本流ともいう)という書風を編み出し、近衛信尹、本阿弥光悦とともに「寛永の三筆」と称せられた。
 
■額・軸        
No.646 松花堂昭乗
「鶺鴒」
紙本
画面寸法28×40cm
価格60,000
60,000
       
         
         

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.