株式会社 大塚巧藝新社
まるやま おうきょ
享保18年(1733)〜寛政7年(1795)
京都の丹波に生まれ。江戸時代中期の画家。円山派の祖。はじめ狩野派の石田幽汀に学ぶ。のち眼鏡絵の制作や明・清の写生画および西洋画の遠近法を研究し、伝統的な装飾画様式に遠近・写実を融和させた新様式を確立した。
 
 

 

 

■額・軸        
No.594 円山応挙
「稲雀」
紙本
画面寸法33×60cm
価格60,000
 
       
         
         

 

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.