株式会社 大塚巧藝新社
まつむら ごしゅん
宝暦2年(1752)〜文政8年(1811)
京都生まれ。江戸時代後期の画家。はじめ蕪村に南画を学び、のち応挙と親交し画学を研究し写生を勉強。四条風の開祖。
 
 

 

 

■額・軸        
No.607 松村呉春
「ちまき」
紙本
画面寸法40×53cm
価格60,000
 
       
         
         

 

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.