株式会社 大塚巧藝新社
きたがわ うたまろ
宝暦3年(1753)頃〜文化3年(1806)
江戸時代後期の浮世絵師。鳥山石燕(せきえん)門下。美人画に大首絵の優品を発表し独自の様式を展開、多大な人気を博し、後世の美人画に大きな影響を与えた。
 
■額・軸        
No.592 喜多川歌麿
「美人」
絹本
画面寸法46×49cm
価格120,000
 
       
         
         
         

 

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.