株式会社 大塚巧藝新社
きしだ りゅうせい
明治24年(1891)〜昭和4年(1929)
東京生まれ。白馬会葵橋洋画研究所に入門、黒田清輝より外光派の絵画を学ぶ。『白樺』を通して白樺派同人と交流を持ち、後期印象派の作家に強く影響される。ヒュウザン会結成に参加し、のちに草土社を創立。デューラー風の写実から独自の東洋的写実表現を確立した。

 

 

 

 

 

 

■額・軸        
No.292 岸田劉生
「生果三酸」
紙本
画面寸法33×89cm
価格120,000
 
 
No.293 岸田劉生
「不老門」
紙本
画面寸法30×62cm
価格80,000
80,000
 
No.294 岸田劉生
「百果競甘」
紙本
画面寸法36×44cm
価格100,000
100,000
         
         
         

 

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.