株式会社 大塚巧藝新社
かのう ほうがい
文政11年(1828)〜明治21年(1888)
山口県生まれ。はじめ狩野雅信に入門。橋本雅邦とともに英才を謳われる。維新後は、フェノロサらによる鑑画会を舞台に、新日本画創造の画工養成に大きな役割を果たし、東京美術学校開校準備に貢献。日本画の新しい領域を開いた。
 
■額・軸        
No.300 狩野芳崖
「悲母観音」
絹本
画面寸法192×86cm
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         
         
         

 

 

 

 

ホーム作家一覧作品一覧主な事業内容会社概要お問合せ

▲ ページトップへ

Copyright © 2006 Otsukakogei-shinsha Co., Ltd. All right reserved.